カテゴリー別アーカイブ: StreetXO

マドリードのミシュラン3星シェフのカジュアルダイニング「StreetXo」移転後もさらにクレージーに!

ヨーロッパの美食家であれば、知らない人はいないスペイン人シェフ。モヒカンがトレードマークの彼は実はマドリードで唯一のミシュラン3星を持つシェフ、ダヴィッド・ムニョスシェフです。彼の手がけるカジュアルダイニング「StreetXo」は移転後もクレージーでした!


(ミシュラン3星レストラン「ディベルショ(DiverXo)」にて。)

エルコルテイングレスデパート・セラーノ店のグルメフロア「Gourmet Experience」に今年の1月から移転し&リニューアルオープンしたカジュアルダイニング「StreetXo」に行ってきました!エルコンテイングレスパート・カジャオ店にあったときは、席の数も10個ぐらいで、いつも混んでいたので、大きい場所に引っ越したら、行列がなくなるかと思ったら、オープン後約2ヶ月になった今も行列は続いています。バレンタインデー前の2月13日金曜日は、午後8時に到着ししたものの、午後8時半開店、9時頃店内へ入り、9時20分ごろ席へ案内。日曜日の夜は30分待ちぐらいで入ることができますので、おすすめです。

2015-02-13 20.30.24
レストランの前にはこんなサインが。通常スペインのレストランはあまり並ぶことがないので、こんなレストランは初めてです!(「並ぶのであれば他の場所に食べに行く」というのがスペイン人の考え方のようです。)

2015-02-13 20.19.49

エルコルテイングレス・セラーノ店のグルメフロアには、全部でミシュラン7星が集合しています。お隣は、ミシュラン星1星シェフのメキシコ料理レストラン「Punto MX」の2軒目「Cascabel」や、世界ランキング1位を2013年に受賞しているミシュラン3星レストランEl Celler de Can Roca(セジェールデカンロカ)のパティシェ、ジョルデイ・ロカ氏のアイスクリームショップ「Rocambolesc」もあり、マドリードでミシュラン星グルメが体験出来るフロアになっています。詳しくは、こちらのリンクをどうぞ。

2015-02-13 20.29.32

ミシュラン星3つ星シェフの手がけるカジュアルダイニング「StreetXo」店内入口はこちら。アヴァンギャルドな雰囲気、かもしだしています!

2015-02-13 20.54.16

店内に入ると、オープンキッチンを囲んでコの字にバーカウンター、席は前より増えて全部で50人ぐらい入れるスペースです。テーブルも2席あって、グループも入れます。ただ、キッチンの中を見ることができないので、やはりバーカウンターがおすすめ。

2015-02-13 21.03.04

2015-02-13 21.04.23

リニューアルオープンしてから、「StreetXo (ストリーチョ/ストリーショ)」にオリジナルカクテルメニューができました。カクテルバーもあり、ワインリストも種類が増えています。以前はシェフ兼ウェイターは男性のみでしたが、セラーノ店は新しく女性のシェフ・ウェイターも姿も。席に案内される前にカクテルバーで、飲み物はいかがですかと聞かれます。何回も聞かれるので、ご注意ください。

2015-02-13 20.57.10
スペインビール「Mahou」の「StreetXo」特製プレート。

2015-02-13 21.56.13
オリジナルカクテルメニューです。スタンダードメニューももちろん作ってくれます。

食事のメニューは、カジャオ店の人気メニュー5つを残し(1番最後の5つがそうです)、新しい料理が増えています。すべて、2人でシェアして4皿ぐらいで食べて飲んでお腹いっぱいになるぐらいでしょうか。炉端(グリル)も新しいキッチンに設置されています。

(カジャオ店のおすすめメニューはこちらのリンクをどうぞ)

2015-02-13 21.26.16
ご覧の通り、カクテルメニューも、料理のメニューも、お金をまったくかけず。ここでもフォークやナイフはプラスチックで、お箸も使い捨てのお箸。食器はないので、コーティングのある白いペーパーがテーブルの上に置かれ、その上に料理が登場。こういうところには、お金をかけないカジュアルなスタイルです。じつは、バーカウンターのいすも、よくみると再利用。

今回いただいたメニューはこちら。
2015-02-13 21.33.21
Costilla de raya y hojas de banana + Sambal indonesio de pasta de crustáceos. Spicy+salmorejo-cremoso-picante. Pan de gambas. 13 euros.
インドネシア料理のフュージョン:バナナの葉の下に隠れているのは魚のグリル。ソースはスパイシー+サルモレホ(トマトベース)+クレモソ+ピカンテ(やや辛いクリームソース)

2015-02-13 21.39.10
México se encuentra con el País Vasco: Codorniz royal asada inyectada en salmuera. Mole poblano al cacao + Idiazábal. Totopos de maíz y encurtido de tomates verdes. 13 euros. メキシコ料理+バスク料理のフュージョンです。

2015-02-13 21.15.29
Sepies el miso-carbon. Jugo de kimchi coreano y huevo frito. Mini sardinas japonesas extracrujientes. 13,5 euros.
味噌漬けのイカに、キムチのソースと目玉焼きがのっています。カリカリのしらすも。

2015-02-13 21.26.02
Lasaña Koreana de wonton y vaca vieja gallega con shitakes. Tomates escabechados picantes. Bechamel de cabra-cardamomo. 14 euros.
韓国風ラザニア。パスタの生地がワンタンでできています。

マドリードで唯一のミシュラン3つ星シェフであるダヴィッドムニョス。

David munoz portal

先月行われたマドリードフュージョンという料理の祭典では、「新しいワインの飲み方」として「ストローで飲む。スパイスやオイルを加える。スポイトにいれたワインを店員に数滴口の中に落としてもらう」という発表内容で、賛否両論の意見がその後話題になりました。批評されるということは注目されているシェフということの裏返しですね。今後は、ストリーショもロンドンやニューヨーク、アジアにも世界展開することが決まっています。

カジャオ店からの定番メニューが私の1番のおすすめです。写真と料理の説明のある過去のブログ投稿はこちらです!リンク

この先は個人的な意見ですので、ご了承ください。
結論として、カジャオ店の方がサービスがていねいで、好印象。料理のクオリティだけでなく、雰囲気を楽しめた様な気がします。セラーノ店になり、高級ブティックが並ぶいわば青山・表参道・銀座のような地域の高級デパートのグルメフロアに移転し、かなり期待していましたが、メニューはともあれ、前のようなサービスがなく少し残念でした。例えば、まだ食べ終わっていないのに、食べ終わったか聞いてくる、一皿目を食べているのに、もう既に2皿目が目の前に置かれる(冷えてしまう)。カクテルを何度もオーダーしないか、聞かれる。次に入りたいカスタマーが行列を作って外に待っているのも、十分わかるのですが。忙しい時間帯だったからでしょうか?カジャオ店に何度も足を運んでいたため、ファンとしては初回少しがっかり。今度は、空いている時間帯をねらって行ってみたいと思います!

(写真はエルパイス紙より)

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

マドリードの高級デパート、エルコルテイングレス(セラーノ店)にミシュラン星が集結!

マドリードの高級ブティックエリアといえば、サラマンカ地区。
セラーノ(Serrano)通りを歩けば、
ニューヨークのフィフスアベニューや
東京の青山・表参道を思わせる雰囲気に包まれます。

スペインの高級デパートチェーン、
エルコルテイングレスがセラーノ地区に
12月21日から新設のグルメフロアをオープンします。
コンセプトは、ミシュラン星シェフによるグルメを体験出来る
「グルメ・エクスペリエンス(Gourmet Experience)」。

※当初12月21日オープン予定でしたが、
現在準備中のため、1月オープンの予定。

Gourmet-Experience-ElCorteIngles-Callao-tienda-1
(写真はグルメ・エクスペリエンス、カジャオ店)

エルコルテイングレスの最大店舗Nuevos Ministerios店や、
Callao店にもグルメ・エクスペリエンスフロアがあり、
高級食材を販売、高級レストラン・バルでの食事ができる
グルメフロアがありますが、今回のセラーノ店は
ミシュラン星のみをセレクトしていることに大注目です。

先月2015年版スペイン・ポルトガルミシュランガイドが
発表されましたが、マドリードは新しく5つのレストランが
1つ星を獲得したことも、グルメ界からは話題を呼んでいます。
(詳細記事はこちら

さて、注目のセラーノ店のレストランはというと、
次の3つ。

1.世界ランキング1位を何度も受賞し、
今年は2位を受賞している
El Celler de Can Roca(セジェールデカンロカ)の
パティシエを務める、
カンロカ兄弟の一人、ジョルデイ・ロカ氏の
アイスクリームショップ「Rocambolesc」。

jordi_ale

ただのアイスクリームショップとはいえ、
ミシュラン星レストランの
パティシェですから、期待大です。
カンロカ兄弟のビジネスが初めてマドリードに登場します。
今回のアイスクリームショップは、
奥さんのAlejandra Rivasさんとの共同経営。

roca heladeria

ジョルディ・ロカ氏は、自身の兄弟と経営する
El Celler de Can Rocaレストランで、
有名ブランドの香水からアイデアを得た
デザートを作ることで有名です。
未だに、女性によく好まれるシャネルの香水は
まだ作られていませんが。
香水の香りや雰囲気を似せて作るデザート、
1度食べてみたいですね。

ジョルディ・ロカ氏の出演するCMはこちら。

2.ミシュラン3つ星シェフの手がける
カジュアルダイニング「StreeXO」
(カジャオ店レポートはこちら

ストリーショーは、モヒカン&アヴァンギャルドな、
ダヴィッド・ムニョスシェフがオーナーの
カジュアルダイニングです。
彼のレストラン「DiverXOディベルショ」は
今年もミシュラン3つ星を更新しました。


来年2月にはロンドンにも新店舗を
オープンする飛躍のシェフ、ダヴィッド・ムニョス氏


ディベルショのディナーコース

StreeXo_PezMantequilla Tataki
ストリーショーにて

カジュアルダイニングとはいえ、
本格的アジアンフュージョンの楽しめるStreeXO。
今まではエルコルテイングレス・カジャオ店にありましたが、
今月セラーノ店へ移動しおそらくもう少しスペースが広がり
多くのカスタマーをサーブできるようになると思われます。
カジャオ店はいつ行っても混んでいましたので、
今回の引越しは納得です。
メニューの品ももう少し増えればより楽しめそうです。
(ついリピートしてしまうと、飽きがくるんですよね)

StreeXo1

3.ヨーロッパでメキシコ料理が一番美味しいとされる
レストラン「Punto MX」の2軒目「Cascabel」

このブログでも以前とりあげましたが(記事リンク)、
「Punto MX」はマドリードで何ヶ月も予約ができないと
大人気のメキシコ料理のレストラン。
モダンなキュイジンが斬新とされ、
オーガニック野菜を使っていることも注目。
ここのオーナーがディレクションを務める
マドリードで2軒目のメキシカンバルが、
エルコルテイングレス・セラーノ店の3つ目のグルメスポット。

Cascabel_PuntoMX1

オープン後、また写真とともにくわしいレポートを
更新したいと思います。

12月21日にオープンということなので、
マドリードセラーノ地区を訪れた際には、
ぜひ足を運んでみてください!

Gourmet Experience
El Corte Inglés 9階
住所:Calle Serrano 52
参考リンク:Gastroeconomy.com (スペイン語)

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

<マドリッド>ミシュラン3つ星シェフの手がけるカジュアルダイニング「StreetXo」

マドリッドでの唯一ミシュラン3つ星レストランに輝いたモヒカンシェフ、David Muñozダヴィッド・ムニョスシェフのレストラン「DiverXoディベルショ」。このレストランと同じスタイルのカジュアルダイニングが今マドリッドのグルメ派の中で注目をあびています。よく海外の道ばたでトラックで売っているようなストリートフードをイメージしたお店のテーマなので、名前は「StreetXoストリーショ」。場所は、Gran Víaグランビア通り、 メトロCallaoカジャオ駅にある高級デパート、「El Corte Inglésエルコルテイングレス」の9階のグルメコーナーGourmet Experienceにあります。

Gourmet-Experience-ElCorteIngles-Callao-tienda-1

エルコルテイングレスの最上階は高級食品やグルメ商材のおみやげが各種そろっていて、スペインのワインやオリーブオイル、はちみつやお菓子など品揃えが豊富です。

 

Gourmet-Experience-ElCorteIngles-Callao-zona-comun

 

人がいないときはすごく広く感じますが、平日午後8時以降のディナータイムや、週末はかなり混み合います。先日ある日曜日に行ってみると、隣のメキシカン料理のレストランや、テラスのバーは通常通りオープンしていますが、「StreetXo」は午後8時半から営業とのこと。たくさんの人が開店時間を待っていました。週末は夜1時まで、平日は12時まで開店しています。

StreetXo1

写真にある通り店内はほとんどの人がスタンディングで食べる形式で、何席かスツールがありましたが、キッチンを囲むようにしてあるU字のバーテーブルは約5組ぐらいしか入らないため、その他テイクアウトをしているお客さんも大勢いました。ストリートフード同様、フォーク、スプーンはプラスチック、お箸も使い捨て。

StreeXo3

イビサ島のクラブにいるような音楽をがんがんに鳴らして、5−6人いるシェフの料理する姿をオープンキッチンですべて見ることができます。若いシェフが多く、それぞれ鉄板、オーブン、炒め物、レジなど作業を手分けし忙しく調理します。メニューは12−20ユーロで、「ストリートフード風」とはいえども、ミシュラン3つ星の雰囲気は写真をご覧の通り、目で楽しみ、味わうことができます。今回のメニューは次の通りです。

StreeXo_PadThai

Pad Thai versision paella オムライス風の卵の下には、スペイン風パッタイがあります。鉄板で焼くパッタイ焼きそばにライムをかけて、卵をくずして混ぜながら食べます。

StreeXo_PezMantequilla Tataki

Tataki a la brasa de pez mantequilla マナガツオのタタキ。このレストランの名物らしく、たくさんオーダーが入っていました。

StreeXo_Sandwich

 

Sandwich 肉まんのような中に肉の入った中国風パンに野菜、ルコッタチーズ、ウズラの卵焼き、七味唐辛子で仕上げてあります。

StreeXo_ChiliCrab

Chili Crabシンガポール料理より、蟹チリ。中国風パンと一緒に。これは、「最後に食べる」定番だそうです。これは、おすすめです!スパイスがたまりません!スペイン人の人は辛い味やスパイス苦手な人が多いですが、高級レストランはなぜかアジアンフュージョンが人気なんです。スペイン料理と全く異なる材料やスパイスを使うから人気なのでしょうか!?

4皿+ワイン4杯で62ユーロ。大満足でした!

<注目情報!>
2015年2月頃にロンドンMayfairエリア近辺にStreetXoの海外1号店がオープン予定

StreetXo

住所: El Corte Inglés. Plaza de Callao, 2, 28013 Madrid                                 最寄り駅: Callaoカジャオもしくは、Solソル駅