カテゴリー別アーカイブ: カフェ

バレンシアのオルチャタ&コロン市場&ルサファ市場。

みなさん、スペインよりこんにちは。

夏休み休暇でバレンシアの海に行っていました。スペイン人画家ホアキン・ソローリャ(ソロージャ)は出身地であるバレンシアの海の絵をたくさん描いたことで有名です。海風が心地良く、空気も澄んでいてお気に入りの都市になりました。

今日は本場バレンシアのドリンク、オルチャタが飲めるおすすめの3軒についてです!

IMG_8248

オルチャタは見た目は牛乳のように見えるドリンクで、甘くて舌触りがざらっとした豆乳のような味わいのドリンクで、スペインのサマードリンクのひとつです。チュファ(Chufa)とはキハマスゲの地下茎をさすそうですが、これが原料となっています。

オルチャタの原料となるチュファはこちら。

horchata

オルチャタ店にいくとチュファも販売していて、時間はかかりますが家で手作りのオルチャタを作ることもできます。

IMG_8247
この中にチュファが入っています。

バレンシア市の中心地にあるコロン市場(Mercado de Colón/メルカド・デ・コロン)の1階にはオルチャタ店(Horchatería)が2つあります。

IMG_8256
ここがコロン市場です。

mercado de colon

コロン市場はきれいで、天井が高いため開放感があり、1階と地下1階の2フロアの作りになっています。

mercado de colon
入り口にあった花屋さん。

IMG_8211

飲食店のインテリアデザインもおしゃれ。
週末ゆっくり訪れるには良い雰囲気の場所でした。

IMG_8212

さて、オルチャタ店へ!

オルチャテリア・ダニエル ORXATA DANIEL

horchateria daniel

メニューを開けると、シュレアリスムの巨匠スペイン人画家であるサルバドール・ダリがこのお店に訪れた写真がありました。伝統のあるバレンシアの老舗オルチャタ専門店です。

horchateria daniel

サイズは4種類、またGranizado/グラニサド(シャーベット状/フローズン)、Liquido/リキド(液状/冷やしてあるだけ)、Mixto/ミクスト(ミックス)、Sin azucar/シンアスカー(ノンシュガー)があります。

現地の人は、細長いファルトンFartonesパンとセットでオーダーして、オルチャタに浸しながら食べる習慣があります。今回はGrande(大)とPequeña(小)とファルトンをオーダーしました。

IMG_8249

3−4時間であればグラニサドの状態でお持ち帰りも可能で、特別な容器に入れてくれます。

カサデロルチャタ CASA DE L’ORXATA

デニッシュパンがあり、美味しそうでしたが、朝食後、1軒目のオルチャテリア店で1杯飲んで満足したため、今回は見学だけして帰りました。飲み比べしたかったのですが、次回までおあずけです。数時間家までドライブする際のお持ち帰りは可能かどうかきくと、「事前予約をすれば冷凍にすることができるけれど、グラニサードの状態では1時間も持たないだろう」といわれ(確かに気温は30度近くあったので)断念。こちらは、特別容器の取り扱いはなさそうでした。市場内のカフェ/テラス席で飲むのが一番ですね。

IMG_8214

IMG_8215

また、バレンシア市にあるルサファ市場(Mercat de Russafa)のドライフルーツ店でたまたま買ったこのオルチャタもおすすめです。

ルサファ市場
2015-08-1114.09.21

Martinez Charcuteriaという生ハムがダダンと並ぶお店の前のドライフルーツ店で売ってました。

市販のスーパーで販売されているオルチャタは甘過ぎて、今まで苦手でしたが、このオルチャタは甘さ控えめで、豆乳が好きな私にはぴったりでした。

スーパーで買うことができるオルチャタは、これ。冷凍庫で冷やして、シャーベット状になっているところを飲むのがおいしい飲み方です。氷不足になるほど今年は猛暑だったのでよく売れたのではないでしょうか。

2015-08-1711.18.23

2015-08-1711.18.36

バレンシアはオルチャタの他にもおいしいもの、そうパエリアの本場です!パエリアコンクールで何度も優勝しているシェフの新しいレストランへ行ってきましたので、次回レポートです。お楽しみに!

☆       ☆       ☆       ☆       ☆       ☆       ☆       ☆       ☆

⬛︎<本物探しの旅>シリーズについて
<本物探しの旅>シリーズは、偽りのオリーブオイルが市場で販売されていると騒がれる中、「本物のオリーブオイルはどういうオリーブオイルか」深く知る必要があると思った筆者が、マドリードにて自分の体験を通してレポートしています。
ín
<本物探しの旅①>スペインのエキストラバージンオリーブオイル
<本物探しの旅②>スペイン・マドリードオリーブオイルソムリエスクールEECO
<本物探しの旅③>マールさんのスペインエキストラバージンオリーブオイル「ラルケリア」
<本物探しの旅④>EECO「Maestro de Almazara(オリーブ工場マスターコース)」の受講レポート

☆       ☆       ☆       ☆       ☆       ☆       ☆       ☆       ☆

【世界の日本人妻は見た!にも登場した白ボトルのデザインが新鮮なオリーブオイルはこちら】
日本初上陸!9月第1・3日曜日は代官山朝市に出店します!
スペイン産エキストラバージンオリーブオイル「ラルケリア」

DSC_0236-1

2015年6月から日本販売を開始しました!
詳しくはこちらのページをご覧ください。

☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆

スペイン情報ブログランキングに参加しています♪ ←読者の皆さまに感謝しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

マドリードの屋上テラスでアフタヌーンティー「Jardin secreto」

スペインは革製品で有名ですが、
スペイン国内各地に店舗を持つ
Salvador Bachiller サルバドール・バチジェール」という
名前のカバンのブランドがあります。

このお店は、カバンのみならず、
スーツケースや小物など雑貨も置いてあり、
高級な雰囲気のただようおしゃれなお店で有名。
店員さんも美男美女がそろい、サービスはいつも丁寧。

マドリードのソル駅とグランビア駅の間にある
サルバドール・バリジェールCalle Montera店には、
実は隠れたティーサロンがあります。

その名も、「Jardin Secretoハルディン・セクレト」。
英語で言うなら、「シークレットガーデン」です。
1階と2階はカバン&雑貨、
3階はVIPラウンジ、
4階はテラスカフェ。

jardin secreto cosas

さすが、カバンブランド店に入っている
ティーサロンということもあり、
ホテルのロビーのような内装が豪華です。

3階はこちら。

エレベーターに乗って4階のテラスへ。
ハルディン・セクレトの入り口はこちら。

Jardin Secreto 2

Jardin Secretoentrance

カフェの中は、ハルディン(ガーデン)のように植物や花がたくさん咲いています。

Jardin Secreto Terrace

おまちかねのアフタヌーンティー。デザート付きで、約5ユーロ。たくさんの種類の中から選びます。

jardin secreto tea

ジントニックやサングリアなどのカクテルや、サラダやケーキ、サンドイッチ、パスタなどの食事のメニューもあります。公式ウェブサイトにて見ることができるメニュー。メニューは手がこっているので、見ているだけでもワクワク。

東京では、カフェやレストランが建物に入っていて、
エレベーターで上がって飲食店に入ることはよくありますが、
スペインはレストランやカフェは通常1階や地下。
飲食店が各階にあるようなビルはあまりない文化のため、
3階と4階にあるカフェと聞くと、
なんだか不思議な感じがします。

ティータイムは、いつも満席で1時間待ちもしばしば。
買い物帰りに、ぜひこのテラスへ。

地図は公式ウェブのこちらのリンクをご覧ください。

Jardín Secreto
住所:Montera 37
最寄駅:ソル駅、グランビア駅
営業時間:日曜日ー水曜日 11h-23h
木曜日ー土曜日 11h-01h
Telf: 915 310 260

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

グルテン・フリーのマフィンとケーキが美味しいカフェ!

マドリードで見つけた
すてきなカフェを紹介したいと思います。

市内の中心にあるグラン・ビア近くにある
「Celiciosoセリシオソ」というカフェ。

小麦やグルテンにアレルギーをもつ人を
スペイン語で「セリアコ」、
「おいしい」をスペイン語で「デリシオソ」というのですが、
セリアコ+デリシオソを足して「セリシオソ」という由来です。

2010年にグルテン・アレルギーと診断された
現在のオーナーSanti Godfridさん(当時23歳)が、
「もうピザやケーキやお菓子が食べられなくなる」
という問題に直面し、
他にも同じ思いの人がいるのではないかと思い、
起業したお店です。

右がSanti Godfrid、左がテニス選手の Marko Djokovic

現在スペインには約100人に1人の割合で
グルテン・アレルギーの人がいるといわれています。

グラン・ビアの大通りに近いせいか、
いつも人でにぎわっているこのカフェ。

お店の入り口には、いつもシーズンごとに変わる
デコレーションがディスプレイされています。
今年のハロウィンはこんなデコレーションでした。

Halloween Celicioso
Halloween Celicioso Cupcakes

クリスマスが近づくと店頭に並ぶ
「ロスコRosco」も始まっています。

メニューはスペインでは珍しく英語で書かれているので、
観光客の方もオーダーがしやすいシステムです。
様々な種類のカップケーキや、ブラウニー、バナナケーキ、
コーヒー、シェイクなどがあり、
奥にあるカフェスペースでお茶することができます。

Tea time Celicioso

おすすめは、マドリード市内のおいしいランキングに入る
といわれる「キャロットケーキ」。
しっとりしていて、少し甘めですが、また食べたくなる味です。

Carrot cake Celicioso
Carrot cake Celicioso

現在6.6万人の人が「いいね」しているフェイスブックページは、
新しいケーキの写真が随時更新されています。
リンクはこちらです→
https://www.facebook.com/Celicioso

営業時間:月〜日10:30-21:30
住所:Calle Hortaleza 3
最寄駅:Gran Vía駅から徒歩2分
その他:Wifiあり

Map

参考リンク:
http://www.abc.es/20120908/local-madrid/abci-celicioso-paraiso-gluten-para-201209071522.html
Facebook Celicioso: https://www.facebook.com/Celicioso

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村