スペインのオリーブの木売買市場について

みなさんスペインよりこんにちは。

先日日本で公開が始まったオリーブファン待望のスペイン映画「オリーブの樹は呼んでいる」について投稿しましたが、オリーブの木の売買はどれぐらい行われているのか気になり少し調べてみました。

el_olivo-

映画ではスペインバレンシアのオリーブ農家がドイツのある企業へ樹齢2000年の大木を売るというストーリーですが、こういうことは実は本当に行われています。

2015年12月31日掲載の英ガーディアン紙の記事がこちら。以下、私なりの要点をまとめてみました。

近年スペインの樹齢1000年以上などといったオリーブの大木は主にヨーロッパ、アメリカ、アラブ主張国連邦などへ輸出されていて、1本のオリーブの大木は国際市場で4万ユーロ(日本円で約400-500万円)の値段で売られている。もう少し若い木で樹齢400年の木は1500ユーロとお手頃な値段で手に入れることができるとか。売られた先まで運ばれる過程で枯れていく木もあったり、1000年生きる可能性のあった木の寿命が50年から100年と短くなったりもする。

そんな売買を禁止する法律をスペイン国内で唯一合法化したのがバレンシア州で樹齢350年以上のオリーブの木で幹の直径が6メートル以上の木は販売を禁止。ラルケリアオリーブオイルの木はバレンシア州のアリカンテで栽培されています。樹齢は若い木が多いですが、他人事とは思えません。

バレンシア州地方カステジョン県ではこんなユニークなアウトドアミュージアムもできました。その名も、「Museo Natural de Olivos Milenarios」。

OLIVOS_MILENARIOS_I(1)

樹齢1000年のオリーブの木を966本も見ることができる自然博物館で、世界で一番樹齢1000年のオリーブの木の密度が高い場所です!バレンシア市からは車で約2時間なので、今度行ってみたいと思います。

OLIVOS_MILENARIOS_IV(1)

私はオリーブオイルの仕事をするようになって、オリーブの実の中にあるオリーブオイルの健康成分を知り、スペインの自然の偉大さにいつも驚かされていますが、今回このような売買が実際にスペインで行われていることについてもっと多くの人に知ってほしいなと思いました。スペインの経済を考えた時にオリーブ農家で生計を立てることが難しく農家の数が減っていることは事実だと思いますし、樹齢何百年、何千年という大木からは多くの実がならず、効率的ではないこともあると思います。けれどどうにかして、自然を守り、オリーブの文化を残すことはできないのかと考えた時、やはり私ができることはこのブログを通してオリーブオイルの面白さを発信していくことだと思いました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ラルケリアエキストラバージンオリーブオイルはオンライン販売を現在行っております!

ご購入を希望される方はこちらをご覧ください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

スペインブログランキングに参加しています♪

ポチッとクリック!にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中