新サンフランシスコ近代美術館のレストラン「In Situ」に世界のミシュラン星シェフの料理が集結!

みなさん、スペインよりこんにちは。

美術館は世界の有名なアート作品が集まる場所ですが、その料理版があったらどんなに良いでしょう。いつ訪れても、世界中の現代&近代の料理を代表する料理が食べられる、そんな夢のようなレストラン「In Situ」が2016年春アメリカ・サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)にオープンします。

○サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)
拡大工事に伴い、現在閉館中のサンフランシスコ近代美術館。完成予定日は2016年5月14日で、今までの3倍以上の広い展示スペースで作品を公開します。それに伴い、パフォーマンス、アート、フード、教育プログラムなどが新たに展開され、今まで以上のアクティビティを提案できるようプロジェクトが予定されています。そこに、世界で初めての(?)新しい試みとなるレストラン「In Situ」がオープンします。

1_SFMOMA_expansion_press_release_2015-10-22.jpg.800x800_q85

美術館のような新レストラン「In Situ」の仕掛け人のシェフの紹介です。

■Corey Lee(コレー・リー)シェフ
サンフランシスコのミシュラン3つ星レストラン「Benu」のシェフCorey Lee(コレー・リー)。
1977年韓国ソウル生まれ、ニューヨーク育ち。
アメリカ料理界の最高の賞ともいわれる「ジェームス・ ビアード(James Beard)賞」受賞。
「フード&ワイン」誌の「Best New Chef」受賞
サンフランシスコ「The French Laundry」、ニューヨーク「Per Se」にて勤務。
2010年自身がオーナーであるレストラン「Benu」をオープン。
2014年Corey Leeは「Benu」でミシュラン3つ星を受賞。
2015年自身の料理の哲学である「Benu」のコースメニューをレシピスタイルで紹介する本「Benu」を出版。Benuでは出身地である韓国をはじめとするアジアの食材をふんだんに使った料理を提供する。

corey lee

○すべてのレシピが有名レストランシェフのオリジナルレシピ
「In Situ」ではCorey Leeシェフのレシピはなく、全てのレシピが有名レストランシェフから学んだレシピという面白いメニューが準備されています。サンフランシスコ近代美術館のレストランシェフとして、アートキュレーターならぬ「料理キュレーターシェフ」を担当し、レストランはその”展示会場”になるという初の試みに挑戦します。

世界の有名レストランシェフのレシピを教えてもらうこと、彼らが研究を重ねてたどり着いた究極のレシピを伝授してもらうことは、初めにリクエストした時点で「それは機密事項だから」と拒否されるところですが、多くのシェフ(約80人はもうすでに了解済み)が「Corey Leeシェフだったら私のレシピを伝授して、彼のレストランでメニューとして料理してもらって良い」と承諾するほどCorey Leeシェフは世界中で高評価をされ、信頼を得ています。「20代に戻った気分だよ。尊敬する著名なシェフの料理が勉強できて」とCorey Leeシェフ。

この「In Situ」プロジェクトに参加する世界のレストランシェフ

カリフォルニアよりAlice Waters (Chez Panisse)、Thomas Keller (The French Laundry)
ニューヨークよりDominique Ansel (Dominique Ansel Kitchen)
日本よりHajime Yoneda (HAJIME)
ペルーよりVirgilio Martínez (Central)、Gastón Acurio
カナダよりMartin Picard (Au Pied de Cochon)
フランスよりOlivier Roellinger (Les Maisons de Bricourt)
スペインよりAndoni Luis Aduriz (Mugaritz)
デンマークよりRené Redzepi (Noma)

美術館にあるアート作品は他の画家が真似することも難しいですよね。Corey Leeシェフは来年のオープンに向けて現在フランス、イギリス、日本を訪れ実際に有名シェフのキッチンに行ったり、特別に有名シェフの一番弟子と会ったりしてレシピの修行中です。

日本からは、大阪・肥後橋「HAJIME」のオーナーシェフ米田 肇氏の和食の1品を学び、マンハッタンのレストラン「wd-50」のWylie Dufresneシェフ、香港ではベストレストランに選ばれたマンダリンオリエンタルホテルのレストラン「Amber」のRichard Ekkebus氏のウニを使った絶品、伝統的な中華料理を伝承するレストラン「Fook Lam Moon」の飲茶の一品を、ルイジアナ・クレオール料理のレストラン「Commander’s Palace」、Matt Abergelの和食料理店「Ronin」が協力の手を差し伸べています。

近代美術館のレストランが料理のアートキュレーションを行い、一つの場所でたくさんの料理人の味が楽しめる場所。来場者が見るだけではなく食べて楽しむことのできる、アクティブな参加型展示会のようなフードシーンになりそうで期待しています。

参考記事:http://www.wsj.com/articles/chef-corey-lees-imitation-game-1443804904

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

【TBS系世界の日本人妻は見た!にも登場した白ボトルのデザインが新鮮なオリーブオイルはこちら】
このブログの筆者である私が、今年から日本で初めて販売しているスペインのオススメオリーブオイルです。
12月第1日曜日、2016年1月第3日曜日は代官山朝市に出店し販売しています!詳細はこちら

スペイン産エキストラバージンオリーブオイル「ラルケリア」

DSC_0236-1

2015年6月から日本販売を開始しました!
詳しくはこちらのページをご覧ください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

⬛︎<本物探しの旅>シリーズについて
<本物探しの旅>シリーズは、偽りのオリーブオイルが市場で販売されていると騒がれる中、「本物のオリーブオイルはどういうオリーブオイルか」深く知る必要があると思った筆者が、マドリードにて自分の体験を通してレポートしています。
ín
<本物探しの旅①>スペインのエキストラバージンオリーブオイル
<本物探しの旅②>スペイン・マドリードオリーブオイルソムリエスクールEECO
<本物探しの旅③>マールさんのスペインエキストラバージンオリーブオイル「ラルケリア」
<本物探しの旅④>EECO「Maestro de Almazara(オリーブ工場マスターコース)」の受講レポート

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

スペイン情報ブログランキングに参加しています♪ ←読者の皆さまに感謝しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

 

 

広告