2015年度のニューヨーク国際オリーブオイルコンペティション(NYIOOC)の結果発表

ニューヨークで毎年開催されるニューヨーク国際オリーブオイルコンペティションの結果がニューヨークで最大規模の料理学校、International Culinary Centerにて発表されました。このコンテストの受賞者は、「ワールドベストオリーブオイル」と名付けられ、世界各国で販売されています。

今年は世界26カ国から671のオリーブオイル生産者が参加。審査員はオリーブオイルの専門家15人。一つ一つのオリーブオイルを丁寧に審査し、賞を決めて行きます。このコンテストに参加したオリーブオイルのうち、約5割が欠点のあるオリーブオイルだと発表されました。テイスティング審査で欠点のあるものは、エキストラバージンのカテゴリーにそぐわないとみなされるため、このような大きなオリーブオイルコンテストで半分のサンプルがエキストラバージンはなかったということは注目すべき点です。

受賞したオリーブオイルは全部で251種類。そのうち、1番受賞数が多かったのはなんとスペイン!スペインオリーブオイルのファンとしては嬉しいニュースです。さすが世界で一番オリーブオイルの生産量の高い国です。スペインから提出された136種類のオリーブオイルのうち73が受賞しています。スペインの次に受賞数が多かった国はイタリア、アメリカ、ギリシャ、ポルトガルと続きます。提出されたサンプルのうち、スペインは54%が金賞、銀賞のいずれかを受賞、イタリアは43%、アメリカは41%、ギリシャは21%と受賞率はスペインがポルトガルの67%に続き第2位。クオリティが評価されています。

日本で今年の夏より販売が開始されるスペイン・アリカンテにあるエキストラバージンオリーブオイルを生産するAlmazara La Alqueríaは、今年はピクアル種で銀賞を受賞しました。販売される種類はアリカンテ原産のブランケータという種類でピクアルとはまた一味違ったフレッシュで苦味と辛味のバランスの取れたオリーブオイルです。

スペインの産のオリーブオイルが国際オリーブオイルコンテストで多くの賞を受賞することは本当に嬉しいことです。今年もオリーブオイルコンテストは始まったばかり。今後もスペイン産オリーブオイルに期待です。

詳しい結果はwww.bestoliveoils.comにてご覧ください。

参考記事: Olive Oil Timesより http://www.oliveoiltimes.com/olive-oil-basics/new-york-international-olive-oil-competition-announces-best-olive-oils-in-the-world/47284
http://www.oliveoiltimes.com/olive-oil-basics/spain-finishes-at-the-top-again-in-new-york/47294

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中