スペイン・マドリードの国際食品見本市「Salon de Gourmets2015」

毎年マドリードにて行われる国際食品見本市、
「サロン・デ・グルメ(Salon de Gourmets2015)」。
スペイン国内外から集まるたくさんのグルメ商材、
市場に出て間もない新しい商材を試食することができる見本市に
招待されましたので、行ってきました。

原産地呼称エクストラマドューラが主催する
生ハムのコルタドール(生ハムを切る職人)・コンテストや
オリーブオイル、ワイン、チーズのブースなど
スペインの地方別に別れた広い展示会場は、
約20カ国、1300以上の企業が35000種類の商材を披露し、
約8万人以上の来場者が訪れました。
スペインの景気も回復を見せ、今年は去年に比べて
2割ほど出展企業数が増えているそうです。
来年は30周年記念。
さらに面白い企画があることを期待しています。

スペイン産オリーブオイルに関して、
オリーブオイルソムリエスクールEECOのディレクターを務める
マール・ルナ・ヴィジャカニャスさんは、
「例年と比べてオリーブオイルの企業は減っている。
イタリアやポルトガルの商材も増え、
オリーブオイルをつかったフレーバーオイルが目立つようになった」と自身のウェブサイト記事にて話します。

また、スペインのオリーブオイルに関しては、
「例年と同じく、スペイン産のオリーブオイルは
有名な種類しか広告に名前がのらないことは残念。

(例えばこの広告はコルニカブラ、オヒブランカ、ピクアル、アルベキーナ種の広告です。スペイン産オリーブオイルのブースより)

(つづき)
スペインには約260種類のオリーブが育ち、
それぞれが異なる風味や特徴がある。
有名な産地以外にも美味しいオリーブオイルがあることを
消費者には意識してほしい」と言います。

大手企業の販売するオリーブオイルの他にも
小さい農家が生産する隠れたおいしいオリーブオイルや、
コンテストに参加する費用のない(=受賞歴のない)
自営業のオリーブオイル農家のオリーブオイルも
もっと市場に出す方法はないのか、
考えさせられるコメントでした。

ボトルやパッケージのビジュアルも大事ですが、
オリーブオイルは健康成分、また味わいが1番の決め所です。

訪れたオリーブオイルのブースでは、
今年から日本で販売が開催されるオリーブオイルや、
今後日本に輸出していきたいと希望している生産者と
話をすることができました。
生産者と直接話ができる場所、試飲ができる
このような展示会は勉強することが多く、
これからのオリーブオイル産業の可能性と
未来像について考える良い機会でした。

これからも、オリーブオイル市場について
個人的な意見ですが更新していきます。

参考ページ:https://www.facebook.com/AceitesdeolivadeEspana
http://elpais.com/elpais/2015/04/17/estilo/1429295375_761821.html

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

広告

2015年度のニューヨーク国際オリーブオイルコンペティション(NYIOOC)の結果発表

ニューヨークで毎年開催されるニューヨーク国際オリーブオイルコンペティションの結果がニューヨークで最大規模の料理学校、International Culinary Centerにて発表されました。このコンテストの受賞者は、「ワールドベストオリーブオイル」と名付けられ、世界各国で販売されています。

今年は世界26カ国から671のオリーブオイル生産者が参加。審査員はオリーブオイルの専門家15人。一つ一つのオリーブオイルを丁寧に審査し、賞を決めて行きます。このコンテストに参加したオリーブオイルのうち、約5割が欠点のあるオリーブオイルだと発表されました。テイスティング審査で欠点のあるものは、エキストラバージンのカテゴリーにそぐわないとみなされるため、このような大きなオリーブオイルコンテストで半分のサンプルがエキストラバージンはなかったということは注目すべき点です。

受賞したオリーブオイルは全部で251種類。そのうち、1番受賞数が多かったのはなんとスペイン!スペインオリーブオイルのファンとしては嬉しいニュースです。さすが世界で一番オリーブオイルの生産量の高い国です。スペインから提出された136種類のオリーブオイルのうち73が受賞しています。スペインの次に受賞数が多かった国はイタリア、アメリカ、ギリシャ、ポルトガルと続きます。提出されたサンプルのうち、スペインは54%が金賞、銀賞のいずれかを受賞、イタリアは43%、アメリカは41%、ギリシャは21%と受賞率はスペインがポルトガルの67%に続き第2位。クオリティが評価されています。

日本で今年の夏より販売が開始されるスペイン・アリカンテにあるエキストラバージンオリーブオイルを生産するAlmazara La Alqueríaは、今年はピクアル種で銀賞を受賞しました。販売される種類はアリカンテ原産のブランケータという種類でピクアルとはまた一味違ったフレッシュで苦味と辛味のバランスの取れたオリーブオイルです。

スペインの産のオリーブオイルが国際オリーブオイルコンテストで多くの賞を受賞することは本当に嬉しいことです。今年もオリーブオイルコンテストは始まったばかり。今後もスペイン産オリーブオイルに期待です。

詳しい結果はwww.bestoliveoils.comにてご覧ください。

参考記事: Olive Oil Timesより http://www.oliveoiltimes.com/olive-oil-basics/new-york-international-olive-oil-competition-announces-best-olive-oils-in-the-world/47284
http://www.oliveoiltimes.com/olive-oil-basics/spain-finishes-at-the-top-again-in-new-york/47294

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

予約が取れないマドリードの人気レストランランキング発表!

スペイン・マドリード市内には世界の美食家がやってくる有名レストランが数多くあります。2015年度のミシュランガイドでは、新しく5つのマドリードのレストランがミシュラン星を獲得。せっかくマドリードに旅行するなら、一番予約が取れない人気レストランにぜひ行ってみたいですよね。

今回「エル・ムンド」紙では「土曜日、2名でディナー予約をする」ことが可能かどうか、マドリードのホットなレストランに予約をしてみたところ、次のような結果がでました。

土曜日、2名でのディナー予約が可能な日
2015年12月5日まで満席:ミシュラン3つ星レストラン「DiverXo 」

El XOw – LIENZO 02 from Attic Films on Vimeo.

やはり、マドリードで唯一、また最年少で3つ星を獲得しているダビッド・ムニョスシェフのレストラン「DiverXo」はもう既に土曜日のディナーに限り12月まで満席とは驚きですね。

DiverXO、ダヴィッド・ムニョスシェフの関連記事はこちら
スペインのミシュラン星レストランシェフ VOL.2 ダヴィッド・ムニョス
ミシュラン3つ星シェフの手がけるカジュアルダイニング「STREEXO」
マドリードのミシュラン3星シェフのカジュアルダイニング「STREETXO」移転後もさらにクレージーに!
スペイン3星レストラン「DIVERXO」プロデュースの短編映画「XOW」が発表されました!

7月4日まで満席:ミシュラン1つ星レストラン「DSTAgE」

レストラン・エルクラブアラードで2つ星を獲得、去年自身がオーナーのレストラン「DSTAgE(ザ・ステージ)」をオープンし、わずか半年でミシュラン1つ星を獲得。最近では、ニューヨークタイムズにも「DSTAgE(ザ・ステージ)」の記事が出ました。その中で印象的だった言葉が、“I became a cook, because I like to tell stories, and cooking is a language”(訳:シェフになった理由は物語を語ることが好きだから。料理は言語だと思う)。夢のあふれる世界観が料理にも表れています。

DSTAgE、ディエゴ・ゲレロシェフの関連記事はこちら
スペインのミシュラン星レストランシェフVol.1 ディエゴ・ゲレロ
元クラブアラードのシェフが新しいレストランにあうワインを発表!
食後のコーヒーに黒ニンニクのデザート!?

6月20日まで満席:ミシュラン1つ星レストラン「Punto MX 」

puntoMXchef

salpicon_tabasqueño01

「Punto MX」は、ヨーロッパで5本の指に入ると言われるロベルト・ルイスシェフのモダン・メキシコ料理。最近では、エルコルテイングレスデパートセラーノ店のグルメフロアに、マドリードで2軒目のメキシカン・バル「Salon Cascabel」をオープンしました。このエルコルテイングレスデパート・セラーノ店はミシュラン総合7つ星のマドリードで今大注目されているグルメ・スポットです。詳しくはこちらをご覧ください。

Punto MX、ロベルト・ルイスシェフの関連記事はこちら
「PUNTO MX」 予約4ヶ月待ちのメキシコ料理

6月13日まで満席:ミシュラン1つ星レストランMontia

マドリード郊外のエル・エスコリアルにあるレストラン。マドリード産の食材をふんだんに使うダニエル・オチョアシェフ(Daniel Ochoa)とルイス・モンテロシェフ( Luis Montero)。ミシュラン1つ星を受賞して1年目です。2014年のマドリード・フュージョン食品展示会では、Cocineros revelación賞を受賞するなど、今後も活躍が楽しみです。

6月6日まで満席:ミシュラン1つ星レストランLa cabra

以前はミシュラン2つ星レストラン「Santceloni 」や「El Boiho」で修行したJavier Arandaシェフのレストランです。

Restaurante-la-cabra

5月9日まで満席:ミシュラン2つ星レストラン「Santceloni 」
オスカー・ベラスコ(Óscar Velasco)シェフのレストラン。マドリード市内のHesperia Hotel内にあります。

5月2日まで満席:Yakitoro

スペインの料理番組に1番よく出ているチコーテシェフ。料理対決番組「トップシェフ」や、「Pesadilla en la Cocina」というダメなレストランを再建するテレビ番組でスペインでは有名です。レストランヤキトロはチコーテシェフの和食レストラン。炭火焼のグリルや和風スタイルの料理が日本人には嬉しいですね。グランビア駅近くのレストランで交通が便利です。

5月2日まで満席:Triciclo

シェフ3人(写真の左側)でチームを組んで経営するトリシクロ(三輪車という意味)。2014年11月にニューヨークで行われたマドリードのシェフがスペイン料理を披露するイベントにも参加したレストランです。このイベントには、ダヴィッド・ムニョスシェフ、オスカー・ベラスコシェフも参加しています。モダンスペイン料理がおいしいレストランです。マドリードのフードトラックイベント「MadrEat」にも参加しています。

以上の他にも、ミシュラン2星レストランRamon Freixaや、 2つ星レストラン「エルセジェールデカンロカ」で修行をしたシェフとマドリードの和食レストラン「Kabuki」や「Nikkei」で修行をしたシェフの和食&地中海がテーマのレストラン「Bacira」などがランキングに登場しました。

以上のレストランにご興味のある方は事前にウェブや電話にて予約をすることをお勧めします。

※この記事は3月に書かれたエルムンド紙の情報ですので、現在の予約状況とは異なる場合がございます。ご了承ください。

関連記事:
スペイン・ポルトガルミシュランガイド2015で発表されたマドリードのレストランは?

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

オリーブの木で作った家具展示会、バルセロナにて開催!

4月9日から5月31日までバルセロナのオリーブオイル店「ラ・チナータ」の店舗にて樹齢100年を超えるオリーブの木で作った家具の展示会が行われます。日本でも、オリーブの木のキッチン雑貨は見かけたことがありますが、この展示会はテーブルなどの大きい家具と雑貨の2種類の展示があるようです。

デザイナーは、スペイン人インテリアデザイナーのジョルディ・ピケ(JORDI PIQUÉ)氏です。ピケ氏は第7回スペイン全国バレンシア家具コンクールで優勝、自身のブランドの「soka」を展開しています。

バルセロナにお越しの際はぜひ!

展示会場住所:Oleoteca la Chinata Barcelona Raval , Carrer dels Angels, 20, Barcelona, España
展示会開催日程:4月9日から5月31日まで

ジョルディ・ピケ
ツイッター:@SOKA_TheCycle
ウェブサイト:http://www.soka.cat

参考記事:http://diariodegastronomia.com

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村