マドリードのミシュラン3星シェフのカジュアルダイニング「StreetXo」移転後もさらにクレージーに!

ヨーロッパの美食家であれば、知らない人はいないスペイン人シェフ。モヒカンがトレードマークの彼は実はマドリードで唯一のミシュラン3星を持つシェフ、ダヴィッド・ムニョスシェフです。彼の手がけるカジュアルダイニング「StreetXo」は移転後もクレージーでした!


(ミシュラン3星レストラン「ディベルショ(DiverXo)」にて。)

エルコルテイングレスデパート・セラーノ店のグルメフロア「Gourmet Experience」に今年の1月から移転し&リニューアルオープンしたカジュアルダイニング「StreetXo」に行ってきました!エルコンテイングレスパート・カジャオ店にあったときは、席の数も10個ぐらいで、いつも混んでいたので、大きい場所に引っ越したら、行列がなくなるかと思ったら、オープン後約2ヶ月になった今も行列は続いています。バレンタインデー前の2月13日金曜日は、午後8時に到着ししたものの、午後8時半開店、9時頃店内へ入り、9時20分ごろ席へ案内。日曜日の夜は30分待ちぐらいで入ることができますので、おすすめです。

2015-02-13 20.30.24
レストランの前にはこんなサインが。通常スペインのレストランはあまり並ぶことがないので、こんなレストランは初めてです!(「並ぶのであれば他の場所に食べに行く」というのがスペイン人の考え方のようです。)

2015-02-13 20.19.49

エルコルテイングレス・セラーノ店のグルメフロアには、全部でミシュラン7星が集合しています。お隣は、ミシュラン星1星シェフのメキシコ料理レストラン「Punto MX」の2軒目「Cascabel」や、世界ランキング1位を2013年に受賞しているミシュラン3星レストランEl Celler de Can Roca(セジェールデカンロカ)のパティシェ、ジョルデイ・ロカ氏のアイスクリームショップ「Rocambolesc」もあり、マドリードでミシュラン星グルメが体験出来るフロアになっています。詳しくは、こちらのリンクをどうぞ。

2015-02-13 20.29.32

ミシュラン星3つ星シェフの手がけるカジュアルダイニング「StreetXo」店内入口はこちら。アヴァンギャルドな雰囲気、かもしだしています!

2015-02-13 20.54.16

店内に入ると、オープンキッチンを囲んでコの字にバーカウンター、席は前より増えて全部で50人ぐらい入れるスペースです。テーブルも2席あって、グループも入れます。ただ、キッチンの中を見ることができないので、やはりバーカウンターがおすすめ。

2015-02-13 21.03.04

2015-02-13 21.04.23

リニューアルオープンしてから、「StreetXo (ストリーチョ/ストリーショ)」にオリジナルカクテルメニューができました。カクテルバーもあり、ワインリストも種類が増えています。以前はシェフ兼ウェイターは男性のみでしたが、セラーノ店は新しく女性のシェフ・ウェイターも姿も。席に案内される前にカクテルバーで、飲み物はいかがですかと聞かれます。何回も聞かれるので、ご注意ください。

2015-02-13 20.57.10
スペインビール「Mahou」の「StreetXo」特製プレート。

2015-02-13 21.56.13
オリジナルカクテルメニューです。スタンダードメニューももちろん作ってくれます。

食事のメニューは、カジャオ店の人気メニュー5つを残し(1番最後の5つがそうです)、新しい料理が増えています。すべて、2人でシェアして4皿ぐらいで食べて飲んでお腹いっぱいになるぐらいでしょうか。炉端(グリル)も新しいキッチンに設置されています。

(カジャオ店のおすすめメニューはこちらのリンクをどうぞ)

2015-02-13 21.26.16
ご覧の通り、カクテルメニューも、料理のメニューも、お金をまったくかけず。ここでもフォークやナイフはプラスチックで、お箸も使い捨てのお箸。食器はないので、コーティングのある白いペーパーがテーブルの上に置かれ、その上に料理が登場。こういうところには、お金をかけないカジュアルなスタイルです。じつは、バーカウンターのいすも、よくみると再利用。

今回いただいたメニューはこちら。
2015-02-13 21.33.21
Costilla de raya y hojas de banana + Sambal indonesio de pasta de crustáceos. Spicy+salmorejo-cremoso-picante. Pan de gambas. 13 euros.
インドネシア料理のフュージョン:バナナの葉の下に隠れているのは魚のグリル。ソースはスパイシー+サルモレホ(トマトベース)+クレモソ+ピカンテ(やや辛いクリームソース)

2015-02-13 21.39.10
México se encuentra con el País Vasco: Codorniz royal asada inyectada en salmuera. Mole poblano al cacao + Idiazábal. Totopos de maíz y encurtido de tomates verdes. 13 euros. メキシコ料理+バスク料理のフュージョンです。

2015-02-13 21.15.29
Sepies el miso-carbon. Jugo de kimchi coreano y huevo frito. Mini sardinas japonesas extracrujientes. 13,5 euros.
味噌漬けのイカに、キムチのソースと目玉焼きがのっています。カリカリのしらすも。

2015-02-13 21.26.02
Lasaña Koreana de wonton y vaca vieja gallega con shitakes. Tomates escabechados picantes. Bechamel de cabra-cardamomo. 14 euros.
韓国風ラザニア。パスタの生地がワンタンでできています。

マドリードで唯一のミシュラン3つ星シェフであるダヴィッドムニョス。

David munoz portal

先月行われたマドリードフュージョンという料理の祭典では、「新しいワインの飲み方」として「ストローで飲む。スパイスやオイルを加える。スポイトにいれたワインを店員に数滴口の中に落としてもらう」という発表内容で、賛否両論の意見がその後話題になりました。批評されるということは注目されているシェフということの裏返しですね。今後は、ストリーショもロンドンやニューヨーク、アジアにも世界展開することが決まっています。

カジャオ店からの定番メニューが私の1番のおすすめです。写真と料理の説明のある過去のブログ投稿はこちらです!リンク

この先は個人的な意見ですので、ご了承ください。
結論として、カジャオ店の方がサービスがていねいで、好印象。料理のクオリティだけでなく、雰囲気を楽しめた様な気がします。セラーノ店になり、高級ブティックが並ぶいわば青山・表参道・銀座のような地域の高級デパートのグルメフロアに移転し、かなり期待していましたが、メニューはともあれ、前のようなサービスがなく少し残念でした。例えば、まだ食べ終わっていないのに、食べ終わったか聞いてくる、一皿目を食べているのに、もう既に2皿目が目の前に置かれる(冷えてしまう)。カクテルを何度もオーダーしないか、聞かれる。次に入りたいカスタマーが行列を作って外に待っているのも、十分わかるのですが。忙しい時間帯だったからでしょうか?カジャオ店に何度も足を運んでいたため、ファンとしては初回少しがっかり。今度は、空いている時間帯をねらって行ってみたいと思います!

(写真はエルパイス紙より)

☆スペインブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中