スペイン3星レストラン「DiverXo」プロデュースの短編映画「XOw」が発表されました!

スペイン3つ星レストラン「DiverXo」(ディベルショ)は単なる3つ星レストランではありません。若干30代前半のモヒカンシェフ、David Muñozダヴィッド・ムニョス氏は常に新しいアヴァンギャルドなことに挑戦し、先月も自身のレストランをフィーチャーした短編映画を発表したばかりです。

XOw-2

ミステリー館を思わせるような明かりの暗い部屋に招かれた6人のゲストが、ダヴィッド・ムニョスシェフのコース料理をどのように堪能していくか、かなりクレイジーな短編映画ですが、スペインのアジアンフュージョン高級料理の壁をたくさん破ってきたシェフらしい仕上がりです。

見る前に、言っておきたいことといえば、
⒈ レストランを紹介する映画というより、レストランのコンセプトを肌で実感させるような映画です。
⒉ スリラー&ミステリー&グロテスクな要素が含まれていますので、あしからず。

マドリードのミシュラン3つ星レストランの短編映画はこちら↓

その名も、「XOw(ショー)」。
スペクタクルという意味の「ショー」とかけていて、
このレストランにいくということは
「ショーを見に行くように5感でこのレストランの料理を体験してほしい」というメッセージが表れています。

ElXow1

映画の中の6人のゲストたちも、最初はナイフとフォークで食べていますが、コースが始まりどんどんムニョスワールドに引き込まれていき、最後にはお皿に残ったソースまで舐めたり、手でつかんで食べたり、狂ったように食べています。美味しいものに貪欲なカスタマーが続々とこのレストランの虜になっていくことを表しているのでしょうか。

el-xow-david-muñoz-diverxo-restaurante
この写真を見れば、どのようなシェフ兼アーティストかわかっていただけると思います!

この短編映画をみて、実際にこのシェフのてがけるクレイジーなコース料理を体験したい方は、NH Eurobuildingホテル内のレストラン「DiverXo」へ。メニューは145ユーロ、200ユーロと2種類あり、ウェブから「チケット」予約、また最近から予約代金前払い(60ユーロ)のシステムに変わったようです。

ダヴィッドムニョス氏の高級料理は、アートでありお皿の盛り方や色彩などデザインが常に重要だと言えます。この短編映画をとって、ますますデザイン要素が強化され、今度どのような新しいレストランを展開していくか、どのようなユニークなプロジェクトを立ち上げていくのか楽しみです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中