1番おいしいと思わせるサラダの秘密

日頃から、
日本人はよく自分の食べる物の写真をよくとりますが、
今回は2014年6月に発行された
オックスフォード大学の研究発表で、
「おいしい」と感じる視覚的センスについて
面白いデータがでたので、そのお話です。

この実験では、写真のように
同じ材料とドレッシングで作られた
3つのサラダを食べてもらい、
どれが一番おいしかったか感想を聞くというシンプルな実験。
まず、アーティストWassily Kandinskyの作品(A)に
似せて美しく盛られたサラダ(B)、
シンプルに野菜をざっくり混ぜたサラダ(C)、
またそれぞれの野菜をバラバラに
お皿に並べたサラダ(D)の3種類を見せて、
実際に食べてもらいます。

kandinsky painting

結果として、
アーティストの作品のように盛られたサラダ(B)が
一番おいしいと感じ、
他の2つ(C,D)より高価な値段を払って
食べてもよいという評価でした。

実際にこういうデータが出ると、
「なるほど!」と思います。

ミシュラン星のレストランに行きたいと思う理由や、
ミシュラン星レストランの評価が高い理由を改めて実感。

写真だけ見ているだけでも、
幸せになってしまう夢のある料理について、
今度もブログしていきます。

詳しい研究内容はこちら。
http://www.flavourjournal.com/content/3/1/7#

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中